about

病気や障害がある子供も「かっこいい」「かわいい」を追求したい。そんな思いから2018年1月、「チャーミングケアラボ」が生まれました。

チャーミングケアラボラトリーの取組み

1)
子供が子供らしく・可愛らしく過ごすことができるように、小児分野の外見ケアやメンタルケア、そして保護者のためのケアにも注目し、情報を収集・発信します。

2)
病児のケア用品に着目し、保護者も一緒になって行っている家族看護について考えます。定期的なWEB座談会の開催→活動報告→情報発信

3)
座談会や活動報告で集まった情報を収集し、ケーススタディとして積み重ね、看護学会や研究会などに発表します。
家族看護の形を考え、家族も一緒に行っていく治療だけではない小児分野のトータルケアの形を顕在化し、
ガイドラインの制作へと繋げます。

どんぐりをモチーフにしたシンボルマークの意味:
ヨーロッパでは、どんぐりを1粒持っていると、病魔から身を守り長生きすることができるお守りとされているそうです。そんなどんぐりをモチーフに子供ならではの可愛らしさを尊重したデザインをシンボルマークに採用しました。どんぐりは、希望や可能性の象徴。チャーミングケアが、病児と家族が前向きになれる一助になればと考えております。


・みんなのチャーミングケアラボラトリー WEBサイト
http://charmingcare.org